カテゴリー: Kuniaki Matsui

瀬戸へ浮く舟を、眺めて想う

vol.54 – 松居邦明

ふと瀬戸内の海を眺めていると目の前を往来する舟に目が行きます。

vol.31 – 松居邦明

田舎の家の庭。久しぶりに田舎に帰って、暗くなりはじめてから庭に出た。